〒390-0877
長野県松本市沢村1丁目10-25

電話(整形外科):0263-35-1652
電話(小児科):0263-35-0272

整形外科

 

診療案内

整形外科では首、腰など体の痛みや肩、膝などの関節の痛み、手足のしびれの治療を行います。捻挫や骨折された方もご相談ください。

当院では手術を行っていないため、投薬、リハビリ、神経ブロックを主体とした保存治療を行います。多くの症状は保存治療で改善しますが、やむを得ず、手術が必要な場合などは連携病院に紹介しております。

また、骨折予防のための骨粗鬆症の診断と治療も行っております。

診療時間

整形外科 日・祝
9:00~12:00
14:30~17:30

※整形外科と小児科の午後の診療時間が異なりますので、お気を付け下さい。
▲第1・3土曜日午前は診療しております。

【休診日】日曜・祝日、第2・4・5土曜日、水曜・土曜午後

腰痛、下肢のいたみ、しびれ

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などが考えられます。症状が軽い場合は投薬、筋力訓練、リハビリ(温熱治療)を行います。

症状が強い場合、薬で改善しない場合は硬膜外ブロック、神経ブロック治療を行います。

頸部痛、上肢のいたみ、しびれ

頸椎椎間板ヘルニア、頸部脊柱管狭窄症などが考えられます。

症状が軽い場合は投薬、筋力訓練、ストレッチ、リハビリ(温熱治療)を行います。

症状が強い場合、薬で症状が改善しない場合は各神経ブロック治療を行います。

肩、膝痛、その他の関節痛

肩関節周囲炎、変形性膝関節症などが原因です。

症状が軽い場合は投薬、筋力訓練、ストレッチ、リハビリ(温熱治療)を行います。

症状が強い場合、薬で症状が改善しない場合はヒアルロン酸、局所麻酔薬の関節内注射と各関節に対応する神経ブロック治療を行います。

骨粗しょう症

骨粗鬆症は骨がもろくなり骨折しやすくなる病気です。自覚症状があまりないので予防が大事になります。

当院では骨密度測定、骨代謝マーカー検査により診断を行い主に薬で治療を行います。背部痛がある場合は注射、ブロック治療、コルセット作成などを行います。

外傷

レントゲン、超音波により骨折、靱帯の診断を行い損傷の程度に応じてテーピング、装具、ギプス固定を行います。手術が必要な場合は連携病院に紹介致します。

ブロック注射

ブロック注射とは、痛みのある部位に麻酔薬を打つことによって痛みを和らげる治療法です。腰や肩、ひざ、首、手足など痛みのある部位の神経付近に打つことで、過敏になった神経を落ち着かせると同時に血行を改善し、痛みを和らげます。

麻酔は薬が切れると痛みが再発すると思われがちですが、ブロック注射は痛みの悪循環を断ち切ることを目的としています。そのため、麻酔が切れても痛みが和らいだ状態が続きます。

注射が苦手な方もいらっしゃると思いますので、無理に打つことはしておりません。患者さんのニーズに合わせておりますので、気になる方はご相談下さい。